株式会社シーネットコネクトサービス

お問い合せはこちら

047-422-1299
サイト内検索

製品情報

【物流IoT】必須機能!ジオフェンシング(GeoFencing)とは?

  1. ジオフェンシング(GeoFencing)とは?
  2. カゴ車locatorのジオフェンシング活用事例
    1. 食品卸企業
    2. 調味料メーカー
    3. 重機レンタル企業
  3. アセットトラッキングには欠かせないジオフェンシング

ジオフェンシング(GeoFencing)とは?

ジオフェンシングとは、位置情報を使ったアプリケーションに見られる仕組みの一つです。特定のエリアに仮想的な境界(ジオフェンス)を設け、人やモノが境界内に出入りする時に特定のアクションを実行する仕組みです。

例えば、子供の見守りシステムは、子供に追跡デバイスを持たせておき、ジオフェンスで囲った「学校」から子供が出た時に保護者にアラートを送信します。

※青い丸が半径1㎞のジオフェンスです。
シーネットがIoT化を進める物流業界では、倉庫や納品先をジオフェンスで囲い、以下のような事に使われています。

  1. 車両管理
  2. 配送の予実管理
  3. 着荷確認
  4. 商品や物流機器のアセットトラッキング

カゴ車Locatorのジオフェンシング活用事例

カゴ車locaTorは、パレットやカゴ車のような物流什器の位置を補足するだけでなく、 ジオフェンシングを活用する事で対象物の滞留と紛失を検知しています。複雑な物流網では、物流什器は無くなりやすく、納品先から本来返って来るはずの機材がどこかで紛失したり滞留してしまう事が頻発しています。この課題解決の為にカゴ車locaTorはジオフェンシング機能で物流機器の動向を モニターしています。

カゴ車locaTorの使い方はシンプルです。物流倉庫や納品先をジオフェンスで囲み、 ジオフェンス内に一定期間以上モノが留まると「滞留」と判定し、 ジオフェンス外に出たまま戻ってこない状態を「紛失」と判定します。 紛失/滞留判定以外にも登録場所毎の在庫数や滞留発生回数などを事実に基づいて管理ができます。

本日の記事では「カゴ車locaTor」の活用事例を簡単にまとめました。

CASE1:食品卸企業

追跡対象:カゴ車
カゴ車は数が多く、滞留/紛失している数が最も多い物流什器の一つです。その数の多さが管理を難しくしており、 多くの企業が立ち入る物流センターでは、他社による持ち出しも起きています。もともと数の管理がされていないカゴ車は年末などの繁忙期に足りなくなり、その場しのぎのレンタルや納品先に回収に回るなどしてコストと時間がかかっています。 今回紹介するケースは関東圏のスーパーマーケット40拠点に商品をカゴ車にて納品する食品卸企業様です。 商品を載せたカゴ車ごと納品し後日返却されますが、返って来ない事が頻発していたため、カゴ車locaTorを導入しました。納品先であるスーパーをジオフェンスで囲い、それぞれの店舗での滞留を検知しています。カゴ車が物流センター内や、スーパーで10日以上留まっていた場合にアラートを発生させる事で、滞留と紛失を事前に回避しています。

CASE2:調味料メーカー

追跡対象:液体コンテナ
製造拠点で作られた調味料を液体コンテナ(1000ℓ)に入れて全国の食品加工工場等に納品しています。使い終わっ たコンテナは返却されますが、中には返すのが遅いお客様や返却過程でコンテナの行方が分からなくなる事態が発生していました。3か所の自社拠点をジオフェンスで囲んでおり、出荷から数十日返ってきていないと通知アラートを出します。

お客様が調味料を使い切るまで長い場合は数カ月かかり、顧客ごとに消費スパンが異なるため、滞留判定日数 は100日に設定しました。100日返ってきていないコンテナは、お客様の返却忘れや物流センターで滞留している事が疑わ れます。このジオフェンスを利用した日数カウントにより、副次的に納品先毎の調味料の消費速度も測れるようになり、営業 の面でも役に立つことが判明しました。

CASE3:重機レンタル会社

追跡対象:重機
クレーンなどの重機をレンタルしている企業です。拠点毎の重機保有台数は帳簿上でしか把握して おらず、1年に1度行う棚卸では、重機の紛失が発覚し、従業員が広い駐車場を闇雲に探し回る作業が発生していました。

カゴ車locaTorを導入し、自社駐車場をジオフェンスで囲む事により、貸出中の重機の所在を確認できる事に加えて、自社 駐車場に存在する重機の車両管理も簡単にできるようになりました。滞留判定日数は50日に設定されており、稼働率の低い重機の把握もしています。日本各地の拠点をジオフェンスで囲む事で、拠点毎の在庫が自動で更新されるため従業員による重機の在庫確認が無くなり、作業工数が大幅に改善されました。

アセットトラッキングには欠かせないジオフェンシング

カゴ車locaTorのようなアセットトラッキングシステムにおいて、ジオフェンスは極めて重要な機能です。 物流什器の立ち回り先をジオフェンスで囲む事で、場所毎のカゴ車数の見える化、滞留率の把握、全体の回転率や 傾向が見えるようになります。これまでの技術では拠点毎に何らかの機器を設置する必要がありましたが、 カゴ車locaTorの仕組みではクラウドシステム上に管理すべき場所を設定するだけで管理できます。

また、今までは物流網からはみ出た物流機器には、気付く事も対策を打つ事も出来ませんでしたが、 ジオフェンス機能により、日本国内どこでも持ち出した企業や紛失場所の特定が出来るようになりました。 弊社カゴ車locaTorアプリケーションでは、ジオフェンスを活用し拠点毎の滞留率などを算出し、 全体のカゴ車の有効活用ができるだけでなく、営業面でも有益な情報を提供することができます。 様々な業種業態の物流管理のツールとして今後の利用が期待できます。

この記事の関連システム

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

(CCS) 043-307-7170 (CIS) 043-307-5125

メールでのお問い合わせ