株式会社シーネットコネクトサービス

お問い合せはこちら

047-422-1299
サイト内検索

製品情報

【物流IoT】カゴ車locaTor 主要マスタご紹介

物流什器などの在庫管理や追跡に役立つカゴ車locaTorは、位置情報の取得頻度や異常アラートの設定などをWEBアプリから何時でも変更が行えます。たとえば、以下のようなご要望にお答え出来ます。

  1. 「1日の通信回数を増やしたい」
  2. 「Wi-FiやGPSをON/OFFしたい」
  3. 「ジオフェンスを追加登録をしたい」

今回の記事では、カゴ車locaTorのWEBアプリで主要な3つの設定項目(マスタ)をご紹介いたします。

  1. カゴ車locaTor、重要マスタをご紹介
    1. カゴ車マスタ
    2. 場所マスタ
    3. アラートマスタ

カゴ車マスタ

カゴ車マスタでは、デバイスの名前や通信設定の変更が可能です。たとえば、GPSをON/OFFにしたり、通信頻度を変更することが可能です。


場所マスタ

追跡デバイスを取り付けた物流資材が立ち回る場所を登録します。登録場所にデバイスが帰って来ない場合は紛失、同じ場所に留まれば滞留といった判定をしています。物流資産の立ち回り先を全て登録すれば、想定外の場所に運ばれる異常検知はもちろん、拠点ごとの滞留状況データを蓄積する事ができます。

既にお持ちのWi-Fiアクセスポイントを活用して、拠点の詳細エリアまで判定する事も可能です。

アラートマスタ

異常(紛失、滞留、電池残、通信断)が発生した際にアラートメールの通知先を設定します。


異常検知から「何日目」でアラート通知を行うかをカテゴリー毎に決めることができます。


最後に

今まで見えていなかった物流什器の動きには多くのヒントが隠れています。日々の膨大な移動データを解析する事で、輸送中の無駄や運用の改善点などの可視化が出来るようになります。

当ソリューションは物流什器の追跡だけでなく、データロガーや、WMSとの連動など物流IoTプラットフォームとして進化していきます。日々進化するカゴ車locatorをぜひお試しください。

この記事の関連システム

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

(CCS) 043-307-7170 (CIS) 043-307-5125

メールでのお問い合わせ