株式会社シーネットコネクトサービス

お問い合せはこちら

047-422-1299
サイト内検索
公開日:2021/01/13
物流IoT

データロガーで輸送品質保証

データロガーとは?

データロガーとは、搭載されたセンサーで温度、湿度、衝撃、傾きなどのデータを計測・蓄積する機器です。データをログ(記録)する機器は我々の身近にもたくさん存在しており、例えばスマートフォンであれば、位置情報、歩数、ブラウザー閲覧履歴など数多くのデータを計測/蓄積しています。家庭内であれば、 エアコン、ライト、ガスコンロなどにも必ずセンサーが付いておりシステムが稼働状況をモニタリングして、異常が起きた場合は強制的に稼働停止などのアクションが実行されます。

物流向けデータロガー

物流業界では、トラックには必ず装着されているデジタルタコグラフなどが代表的です。走行スピード、 休憩時間などドライバーの労務管理、トラック自体の安全運行のエビデンスとして運送業では義務付けられています。

昨今では商品自体の輸送中の品質モニタリング用途でのデータロガーが利用されています。データロガーを使えば、輸送品質を保証するエビデンスを残す事もできますし、輸送中に問題があった際には問題発生場所の特定を迅速に行う事が可能です。

輸送品質のモニタリングで使われるセンサーとしては、温度、湿度、衝撃、照度などがあります。今までのデータロガー装置は、 サイズが大きく、値段も高い大がかりなものが一般的で、あくまでも一時的に商品輸送時のモニターをする際などに利用されている程度でした。 物流IoTの台頭と共に手のひらサイズで且つ年単位のバッテリー駆動を実現するデータロガーが誕生しています。

物流データロガーの導入メリット

新しい物流向けデータロガーは簡単、手軽、安価なため毎日の輸送時に商品と一緒に送ることも可能なため、 生鮮食品、医薬品、精密機器、高額商品の輸送品質の管理で活躍しています。
また、データを取得する以外にも下記のような様々なビジネスの重要分野の向上にも役立てる事ができます。

品質保証

・異常のアラート検知
・安全性の保証として、データロガー利用による輸送状況の可視化/レポート作成

カスタマーサービス

・輸送中の商品について、データロガーの履歴を見る事でお客様の懸念点や質問に対応

オペレーション

・異常が起きた際に迅速な対処が可能
(例)ドライアイスの量を増やす。冷蔵車の温度調節など

コンプライアンス

・輸送状況の抜き打ち検査にも柔軟に対応
・データロガーを利用する事で品質管理が厳しい荷主様のコンプライアンスに順守

この記事に関連するページ

最新記事

物流IoT

カゴ車ロケーターのダッシュボード機能

目次1 ダッシュボード機能について1.1 平均滞在日数1.2 滞留発生回数1.3 アラートログ2 位置測位デー […]

カメラソリューション

検品動画サービスをReactでリニューアルしてみた。中編

ついにInternet Explorer(IE)のサポート終了がアナウンスされました。※1 業務システムでは今 […]

ロボット

自律移動ロボットAMRの特長と導入効果

自律移動ロボットAMRの特長として「人と一緒に働く協働ロボットであること」「SLAM方式で自律移動ができること […]

ロボット

AGV・AMR・GTPとは?物流現場で一緒に働く協働ロボット

「物流ロボティクス」という言葉をよく耳にするようになりました。物流ロボティクスとは物流のロボット化のこと。人に […]

音声認識システム

ENEOS様 音声検査導入事例紹介セミナー 開催レポート

目次1 【ENEOS における検査業務改善 事例研究セミナー】の概要2 参加者の属性:製造現場には潜在的なニー […]

音声認識システム

SOP通りの 作業を行うための ツールついて考える

目次1 SOPを順守するために必要なこととは2 作業を進めるだけでリアルタイムなトレーサビリティが実現3 作業 […]

一覧へもどる

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

(CCS) 043-307-7170
(CIS) 043-307-5125

メールでのお問い合わせ