株式会社シーネットコネクトサービス

お問い合せはこちら

047-422-1299
サイト内検索
公開日:2021/02/03
物流IoT

追跡デバイス取付時のポイント

追跡デバイス取付時のポイント

物流IoTデバイス取付例

追跡や紛失/滞留検知を行うためには“モノ”にデバイスを取り付けますが、対象物によって取付方法は様々です。いくつか具体例をご紹介します。

食品卸企業様向け:カゴ車(ロールボックスパレット)の場合

デバイスは電波を受信しやすいカゴ車上部に取り付けています。鉄柵の間にデバイスを固定し、荷物との干渉、カゴ車を畳んだ時の干渉を避けています。カゴ車がぶつかった際も、デバイスは直接衝撃を受けません。また、目立つ場所に付ける事で、盗難抑止の効果を見込んでいます。
カゴ車ocaTor
結束バンドやネジで取り付けられるデバイスもございます。
カゴ車locaTorカゴ車locaTor

調味料メーカー様向け:液体コンテナの場合

化学品や食品調味料などを運ぶために用いられる専用コンテナです。
コンテナの脚部内側に結束バンドで取り付けています。
カゴ車locaTor
フォークリフトの爪やコンテナを並べた場合に邪魔にならず、作業の際の障害にならない取付位置です。食品工場では、安全性確保のため金属探知機に反応する特殊な結束バンドを使用しています。また、屋外での利用や高圧洗浄にも対応する耐久性のある結束バンドを使用しています。
カゴ車locaTor

デバイス取付時の確認ポイント

通信の確保

遮蔽物がある場合はデバイスの通信は妨げられてしまいます。デバイスの四方をなるべく開けるような位置が望ましいです。特にGPSを利用する場合はGPS衛星を見通す必要があるためデバイス上部に空間を確保する必要があります。

取付金具の素材/耐久性

取付器具にはゴム、プラスチック、ステンレスなど様々な素材があり、使用環境・輸送環境に適した取付器具を選びます。以下の項目に基づき、最適な取付器具を選択します。
 ・屋外利用
 ・直射日光
 ・防水
 ・潮風
 ・デバイス取り外しの有無
 ・高温度帯/低温度帯
 ・振動/衝撃
 ・耐久年数
 ・化学物質の付着

取引先との確認

物流機器は一企業だけでなく関連する企業の間を行き来するケースがあります。デバイスが立ち回る先への周知や取付方法については事前に確認する必要があります。

取付位置の確保

長期間安全に固定できる箇所へ取り付けます。作業員や他の物流機材にデバイスが当たる事が無い取付位置を入念に確認することが重要です。

この記事に関連するページ

最新記事

物流IoT

カゴ車ロケーターのダッシュボード機能

目次1 ダッシュボード機能について1.1 平均滞在日数1.2 滞留発生回数1.3 アラートログ2 位置測位デー […]

カメラソリューション

検品動画サービスをReactでリニューアルしてみた。中編

ついにInternet Explorer(IE)のサポート終了がアナウンスされました。※1 業務システムでは今 […]

ロボット

自律移動ロボットAMRの特長と導入効果

自律移動ロボットAMRの特長として「人と一緒に働く協働ロボットであること」「SLAM方式で自律移動ができること […]

ロボット

AGV・AMR・GTPとは?物流現場で一緒に働く協働ロボット

「物流ロボティクス」という言葉をよく耳にするようになりました。物流ロボティクスとは物流のロボット化のこと。人に […]

音声認識システム

ENEOS様 音声検査導入事例紹介セミナー 開催レポート

目次1 【ENEOS における検査業務改善 事例研究セミナー】の概要2 参加者の属性:製造現場には潜在的なニー […]

音声認識システム

SOP通りの 作業を行うための ツールついて考える

目次1 SOPを順守するために必要なこととは2 作業を進めるだけでリアルタイムなトレーサビリティが実現3 作業 […]

一覧へもどる

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

(CCS) 043-307-7170
(CIS) 043-307-5125

メールでのお問い合わせ