• HOME
  • ci.Superior/カゴ車locaTor カゴ車位置管理システム

ci.Superior/カゴ車locaTor カゴ車位置管理システム

製品概要

カゴ車位置管理システム

カゴ車の位置を把握し、紛失の原因究明、滞留場所の可視化を実現

カゴ車位置管理システム

カゴ車位置管理システムは、カゴ車にIoT端末を設置し、Sigfox回線を通じ位置情報をサーバーへ自動送信、紛失や滞留を自動でお知らせする物流向けIoTシステムです。カゴ車の位置を把握することで、本来あるべきではない場所にあること(紛失・盗難)や、一定期間内で返却されるべきカゴ車が、長期間ある場所に留まっていること(滞留)が分かります。紛失先へどのような経緯で運ばれたのかを追求したり、滞留店舗の運用体制の見直しを行うことができます。カゴ車の紛失や盗難、滞留率を下げるための実態把握を行うことが可能です。

特長

  • 実態の把握 これまでのICタグなどを利用した仕組みは管理ポイントを通過するカゴ車をチェックする方法でした。管理ポイント以外の場所に移動した場合は管理不可能でしたが、当システムではどこにあるカゴ車もその場所を突きとめることができます。

  • 手軽な導入・運用方法 導入方法は簡単です。カゴ車に IoT端末を設置するだけ。特別なアクセスポイントや読み取り用の端末機器等は不要です。IoT端末はSigfox回線を経由し、自ら位置情報をサーバーへ送信するため、運用も手間いらず。

  • 安価な費用 IoT端末がサーバーへ送信するデータ量は、最小限。つまり、Sigfox回線の通信費用もコンパクトにまとめることが可能。

現状の課題と対策

現状の課題:カゴ車の紛失・盗難・滞留による補充費用

物流現場で多く使われるカゴ車(パレット、コンテナなど)は、倉庫や店舗間を移動する途中で紛失することが多々あります。紛失の原因は、盗難、回収忘れ、社外への持ち出し、などが考えられますが、実態を把握することは難しく毎年補充のための費用が発生しているのが実情です。各社、カゴ車に保有者情報や注意書きを貼付したり、バーコードやRFIDを用いたカゴ車管理を試みているものの、根本的な解決に至っていません。

カゴ車位置管理システムが実現する「紛失・盗難・滞留率の低下」

カゴ車位置管理システムは、カゴ車の位置を把握することができます。それにより紛失の原因究明、滞留場所の可視化を実現します。
導入方法は、自ら位置情報を発信するIoT端末をカゴ車に設置するだけ。あとは事前に設定した自社のセンター、店舗、ベンダー倉庫などカゴ車が移動しても問題ない場所以外に移動した場合管理者にアラームを通知します。また、同様に長期滞留してはいけない店舗に規定の日数を超えた場合もアラームが通知されます。
従来は管理不可能だった事象をタイムリーに把握することにより紛失や滞留が減るだけでなく、関連するスタッフの意識向上にも役立ちます。

実証実験

概要

関東圏内でスーパーマーケットを展開されているお客様にご協力を頂き、カゴ車位置管理システムを検証しました。
検証は10台のカゴ車にIoTデバイスを設置。データ送信は3時間ごと、位置データはSigfox Atlas(*)とGPSを利用しました。常温とチルド商品での位置データ取得率の違いを比較しました。

* Sigfox Atlas: Sigfoxの基地局をベースに、3点測位で位置を推定するサービス。GPSは使わないため位置の精度は低い。

結果

実証実験 第1弾は常温商品。常温倉庫は電波が届きやすい環境です。Sigfoxの位置データ取得率は90%、屋内では測位ができないGPSのデータ取得率は40%でした。カゴ車は決まった店舗と倉庫間を移動するため、移動履歴から位置を推測することができます。GPSに比べ精度が低いSigfox Atlasと、Sigfox Atlasに比べ屋内のデータ取得に弱いGPSのデータを補完し合うことで、カゴ車の位置情報の精度が確保できました。
第2弾はチルド商品。チルドの場合は常温エリアに比べ、位置データの取得率が20~50%ほど低減しました。

評価

カゴ車についての課題は紛失と滞留です。今回この課題についてカゴ車位置管理システムで現状をタイムリーに把握できることが確認できました。
「カゴ車は今、どこにあるのか?」という基本的なデータが実験前の想定以上に入手できたのです。実際にIoT端末を設置した1台のカゴ車が店舗や倉庫以外の場所にあることが判明し確認したところ本来あるべきではない場所で50台もの自社所有のカゴ車を発見することができました。原因を確認したところ運送業者が返送する便がなかったため一時的に他社の空いている場所に仮置きしていただけでしたが、一歩間違えればその場所からまた違うところに移動され紛失につながりかねません。今まではこのような事態が発生していることを把握することは不可能でした。今回“どこにあるカゴ車でもその位置を把握できる”ことではじめてわかった事実です。

今後の展開

GPSでは測位できない屋内における位置情報の取得のため、WiFiを併用します。
また、一番の課題であるバッテリー問題については消費電力の少ないデバイスの採用、太陽電池などバッテリーレスの検討も行っています。運用面においては振動の多いカゴ車に適した取り付け方法、Iot端末をどの程度設置すると一番効果的か、AIを利用した紛失しそうなカゴ車の予測など、お客様のご協力を仰ぎながら、必要な機能の絞り込みや追加の実現を行っていきます。実証実験にご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお申込みください。

仕様

アクセサリ



お電話でのお問い合わせ

047-422-1299

受付時間 平日9:00~17:30(※土日祝除く)

メールでのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

047-424-6575