• HOME
  • ci.Superior/LISWORK 音声認識システム

音声認識システム

音声種まきシステム 音声出荷検品システム
 

音声認識システムは「物流」+「音声」で物流・製造現場の生産性向上を支援

音声認識システム(ボイスピッキングシステム)は、 物流・製造現場でのハンズ
フリー・アイズフリーでの作業を可能にし、入荷検品、出荷検品、ピッキング や
棚卸、検査・点検などの倉庫・工場内作業において、次のような効果をもたらし
ます。


 

  • 作業効率の向上

    ケース商品や重量物、複数バラ商品を両手で取り扱えるため効率良く作業ができる。

  • 作業精度の向上

    両手での作業によって、丁寧に商品の取り扱いができる。

  • 作業スピードの向上

    リストやHTの画面を見たり立止まる時間がなくなり、いち早く次に目線を移せるため、素早く移動ができる。

  • 作業ミスの防止

    両手両目が作業に集中できるため、取り間違いのミスがなくなる。

  • 作業レベルの均一化

    文字ではなく声を聞くことにより作業ができるため、高齢者でも負担なく使用できる。

  • 安全性の向上

    常に周囲に気を配れるため、安全性を確保できる。

音声認識システム【最新情報】

NEW! Android版音声認識システム -Windows、iOSに続き、ついにAndroid版をリリース-
・音声店舗別仕分けシステム -パッケージ化したクラウドサービスとして提供開始-
・OCR対応 -ワイヤレスリングスキャナが「賞味期限」や「伝票番号」の入力をスキャン一つで可能に-

音声認識システムの3つの特長

  • 事前登録が不要な
    不特定話者対応

    性別や年齢、発話パターン等、数多くの音声データサンプリングにより、高い認識率を実現しています。使用者の声を事前登録する必要がありません。さらに個人の発話ニュアンスを学習できるため、アクセントや言い方を気にせず、違和感なくシステムを使用することができます。

  • 現場に合わせて
    端末選択

    オープン環境の端末で使用できるため、運用方法や現場の環境に合わせて機種を選定することが可能です。
    スキャナやプリンタとも連動でき、音声入力と合わせたバーコード照合や、検品記録の出力なども可能です。
     

  • 100%自社開発の
    柔軟なシステム

    ご提案からシステム開発、サポートまで全て自社で行います。お客様のご要望に合わせた柔軟な対応が可能です。
    特定の作業に縛られず、あらゆる場面で音声認識システムの効果を発揮できるよう、最適なソリューションをご提案します。
     

音声認識エンジンについて

シーネット コネクト サービスの音声認識エンジンは、自由度と専門性の高い音声入力が
可能なことから、日本語商品名の認識や物流用語である「ケース」、「バラ」といった
荷姿単位の認識、「百」「十」「一」といった位取りの認識まで、現場に即した実績入力
を実現します。
 
また、シーネット コネクト サービスでは、2007年よりWindows版の販売を開始し、
その後2015年にiOS版を、そして2018年1月からいよいよAndroid版の販売を開始しました。
 
3種のOSに対応したシステムが、業務や取扱いアイテム、現場環境など、お客様に合わせた
柔軟な音声物流の実現をサポートします。



 

音声認識システム作業別ご利用方法

ピッキング(摘み取り方式)

音声認識システムではリストや端末などを手に持つ必要がなく、完全にハンズフリーの状態でピッキング作業をすることができます。両手で荷物を取り扱うことにより、複数個のバラピッキングや重量物のピッキングも効率良く進められ、医薬品や危険物なども両手で丁寧な取り扱いができます。
 
また、情報の確認や入力も全て音声で行うためアイズフリーの状態で作業をすることができます。立ち止まって画面や指示書を見たり実績を記入する必要がなく、目線を作業対象に集中させることができるため、より早く次の行動へ移ることができます。

  • 両手で商品をピッキング

    ハンズフリー作業によって複数バラ商品やケース商品、重量物でも両手で取り扱うことができ、効率良くピッキング作業を進めることができます。

  • マルチピッキングに対応

    一度に複数店舗を同時にピッキングできるマルチピッキングに対応しているため、少人数でも効率良く作業することができます。

  • スキャンの活用で作業精度向上

    音声とバーコードスキャンを組み合わせることで、より正確な作業を行うことができます。

ピッキング(種まき仕分け方式)

昨今、生鮮・青果・日配品を取り扱うTC倉庫を中心に需要が拡大している音声認識を
活用した種まき仕分けシステム。
 
より多くの企業様にローコストでシステムを活用して頂けるよう、音声会話フローを
パッケージ化し『ci.Himalayas/VAS(Voice Assort System)』という独自システム
として物流企業様向け提供しています。

詳しくはこちら >>


検品

音声認識システムでは情報の入力は全て音声で行うため、リストや端末などを手に持つ必要がなく検品作業が可能となります。 また手元にある商品から検品することで、リストから商品を探す手間も省かれます。
 
システム照合は、バーコードスキャンだけでなく商品名の音声入力で行うことも可能です。 そのため、生鮮食品、通販商材、業務用商材などのバーコードの無い商品でもシステムによる照合が可能となります。また商品名だけでなく、賞味期限やロット番号などの商品に紐づいた情報も音声によって照合できるため、正確で高品質な検品作業が実現します。

  • ハンズ・アイズフリーでの検品

    紙のリストやハンディターミナルを持つ必要がなく、常に商品を見ながら検品作業を行うことができます。

  • BCスキャンによる商品照合

    バーコードスキャンには、手の甲や指に装着するタイプの小型のウェアラブルスキャナを使用します。

  • 商品名入力による検品

    商品名の音声入力ができるため、生鮮食品、通販商材、業務用商材などのバーコード貼付のない商品でも、商品名で検品作業が可能です。

詳しくはこちら >>

棚卸

作業指示や実績登録は全て音声によって行われるため、ハンディターミナルや
リストを持つ必要がなく、両手で棚卸作業を行うことができます。数量を声に
出すだけで実績入力が完了し、入力されたデータはリアルタイムに登録される
ためスピーディに作業が進められます。
 
これにより、読み上げ及び実績入力の担当とカウント担当の2人で行っていた
棚卸作業が、1人で実現可能となります。また、棚卸数量に間違いがあった
場合でもその場で間違いを確認できるため、精度の高い作業が実現します。



 

その他業務

ハンズフリー・アイズフリーによる効率向上や精度向上の効果は、物流の
ピッキングや検品、棚卸作業に限らず、様々な業務で発揮されます。
生産現場や製造現場、検査業務、保守メンテナンス業務、訪問介護記録、
配達記録作成など、指示書を見て実績を記入する必要のある作業に適して
います。
 
業務の内容や運用方法に合わせてシステムを構築しますので、現場ごとに
最適な音声認識システムの利用が可能です。



 

  • 検針作業

    数値を目で確認しながら読み上げることで実績登録ができるため、正確で効率の良い作業が行えます。屋外等のオフライン環境でも使用が可能です。

  • 照合作業

    数字だけでなく日本語やアルファベットの認識も可能であるため、金属部品や電子部品、鉄鋼品などの照合作業にも使用できます。

音声認識システム標準機能

画面イメージ

標準機能一覧

入庫

入庫検品作業進捗照会 入庫検品実績照会

 

出庫

伝票別ピッキング作業進捗照会 出荷先別ピッキング作業進捗照会 トータルピッキング作業進捗照会
種まき作業進捗照会 摘み取り作業進捗照会 出荷先別出庫検品作業進捗照会
伝票別ピッキング実績照会 出荷先別ピッキング実績照会 トータルピッキング実績照会
種まき実績照会 摘み取り実績照会

 

マスタ

ユーザマスタ 荷主マスタ シナリオ制御マスタ
音声端末マスタ

 

日次

業務終了 作業キャンセル

 

棚卸

棚卸作業進捗照会 棚卸実績照会

 
 

音声認識システム導入事例

食品や日用雑貨、医薬品・医療機器などを取り扱う、3PL企業やメーカー企業に音声ピッキングシステムが選ばれ、 通常の倉庫内業務はもちろん、屋外や冷凍倉庫、騒音環境下でも利用ができるため、様々な現場や環境で活用頂いています。

  • 音声認識システム

    ソフトバンク株式会社音声認識システム導入と現場改善で30%効率UP

  • 音声認識システム

    五十嵐冷蔵株式会社音声認識システムで出荷ミスゼロ、物流品質向上を実現

  • 音声認識システム

    鴻池運輸株式会社ハンズフリーでピッキング効率向上と商品破損のリスクを低減

 

音声認識システム紹介動画

  • マルチピッキング

  • 商品バーコードスキャン

  • 商品名読み上げ

 

マテハンシステム連携

マテハンとの連動が可能(例:ボイス(音声)+DPS「ボイデジ」※1)

全ての作業を音声認識システムに切り替えるのではなく、作業内容やABCランク別に最適な方法を選択し(ハンディ
ターミナル、DAS、GASなど)、音声認識システムと組み合わせることが可能です。
「ボイデジ」では、アイテム数は多いけれど頻度は少なく、導線が長いBCランク品には音声認識システムを使用し、
アイテム数は少ないけれど頻度が高く、導線が短いAランク品にはDPSを使用します。
それぞれの特長、メリットを生かし、最大限の費用対効果を実現します。
 
※1 音声認識システムとデジタルピッキングシステム(DPS)を組み合せた、ABCランク別のピッキング
ソリューション。