株式会社シーネットコネクトサービス

お問い合せはこちら

047-422-1299
サイト内検索

コクヨサプライロジスティクス株式会社 首都圏IDC

全カメラの映像をリアルタイムに監視、社外からの接続も安心

クラウド型監視カメラシステムをローコストオペレーション実現のために導入

 

コクヨサプライロジスティクス株式会社
首都圏IDC外観

導入サービス

クラウド型遠隔監視カメラシステム

会社概要

社名 コクヨサプライロジスティクス株式会社 首都圏IDC   
本社所在地 〒136-0075 東京都江東区新砂2-5-14
設立年 2003年10月
事業内容 首都圏のステーショナリー物流事業におけるコクヨグループ内外のロジスティクス業務全般

 

コクヨサプライロジスティクス 首都圏IDC様はステーショナリーの最大手コクヨグループにおける東日本の物流拠点です。
商品の入荷から配送に至るすべてのプロセスにおいてサービスレベル向上をはかり、徹底的な効率化によるローコストオペレーションを実現しています。
太陽光・風力発電システム等センターのエコ化や、運用システムのIT化も積極的に推進しており、シーネットのクラウド型監視カメラシステムもローコストオペレーションおよびIT化の一環として導入しました。

導入の経緯

導入のきっかけは【倉庫内のセキュリティ強化】

コクヨサプライロジスティクス 首都圏IDC様では、これまで常駐している警備員が倉庫内の巡回を行い、警戒にあたってていましたが、監視カメラの増設により倉庫全体を全時間・全エリアリアルタイムに監視するためのセキュリティ強化を行うこととしました。

従来型の監視カメラ録画装置の維持メンテナンスコストや管理の手間がかからないことから、ネットワーク上で画像を共有でき、スマホでも映像を確認できるクラウド型の監視カメラを検討しました。いくつかのシステムを検討した結果、シーネットのクラウド型監視カメラシステム「ci.Superior/GAZOCL」を導入しました。

 

CCS事例紹介_クラウド型遠隔監視カメラシステム_コクヨサプライロジスティクス株式会社 首都圏IDC庫内

コクヨサプライロジスティクス 首都圏IDC庫内

 

システム選定のポイント

堅固なセキュリティで不正アクセスを防止

シーネットのクラウド型遠隔監視カメラシステム「ci.Superior/GAZOCL」は、映像データの三重バックアップ、「AES256」と同等の堅固な暗号化によるセキュリティにより、動画データの保全と外部からの不正アクセスを防止することが可能です。

また、インターネット回線の瞬断やネットワーク帯域が減少した際も、ローカル側のブリッジ(エッジコンピューター)に動画が一時保存され、適切なタイミングでクラウド上に転送されます。したがって万一の場合でも映像データの欠損が発生しないこともシステム選定のポイントとなりました。

システムの導入効果

全拠点の監視カメラをクラウド化

「ci.Superior/GAZOCL」を導入して以来、従来警備員が目視で確認していた庫内の状況を鮮明な映像で事務所内のPCモニターにて全カメラの映像をリアルタイムで確認できるようになりました。

堅固なセキュリティレベルのクラウドシステムのため、社内だけでなく社外からスマートフォンを利用してリアルタイム画像、録画画像のいずれも安心して確認することができます。

首都圏IDCにて導入効果が確認できたため、コクヨサプライロジスティクス様では今後他の拠点も監視カメラのクラウド化を推進していく計画です。

 

事例紹介一覧

音声認識システム

 

カメラ ソリューション

 

認証システム

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

(CCS) 043-307-7170
(CIS) 043-307-5125

メールでのお問い合わせ